ハクビシン駆除をするにはまず手順と生態を理解しよう

一軒家

様々な被害がある

住宅

ハクビシンは、家屋などに侵入して様々な被害を及ぼす動物です。年々被害件数は増えており、早急なハクビシン駆除を行うことが重要になるのです。主な被害状況は、騒音や排泄物による悪臭などといったものが問題となっています。

Read More

許可を取って捕獲しよう

作業員

騒音や悪臭などといった様々な被害をもたらすのが、ハクビシンという動物です。ハクビシンは田舎よりも都会に多く生息しており、人間の住む住宅などに巣を作るのが特徴となっています。棲みついてしまうと、私たちの生活に様々な悪影響を及ぼします。まずは、騒音による被害です。夜に行動するハクビシンは、人々が寝ている間に活動を始めます。天井や床下などに棲みついてしまった場合には、足音などで騒がしくて眠れないほどです。凶暴性の高い性質を持っているため、バタバタと暴れまわり大きな物音を立てます。このような騒音の被害は最も多く、人々を困らせています。また、排泄物による臭いも多くの苦情を寄せています。ハクビシンの排泄物は、非常に臭いが強く、異様な感じがします。排泄を行うことで、天井などの板が抜け落ちてしまうこともあります。臭いも一度ついてしまったら、なかなか取り除くことは難しいので、早めの対処が必要となります。このような被害が深刻になる前に、ハクビシン駆除は早急に行いましょう。

ハクビシン駆除の方法は、主に追い出しと捕獲に分けられます。巣がある場所に忌避剤などといった薬剤を散布し、追い出す方法が一般的となっています。ハクビシンは臭いにとても敏感な生物なので、嫌な臭いを発せられると一目散に逃げていきます。木酢液やハッカ油などといった薬剤を使用すると、とても効果的です。市販でも専用の忌避剤などがたくさん販売されていますので、それらを使って追い出しを行うといいでしょう。逃げた隙を狙って捕獲に入ります。再び被害に合うことを防ぐためにも、しっかり捕獲しておくことが大事なのです。また、大きな音にも敏感なので、爆竹などを利用して追い出しを行う方法もあります。追い出しによってハクビシン駆除を行うには、このような方法で進めていくといいでしょう。追い出しをしない場合には、罠などを設置して捕獲を行うという方法もあります。捕獲を行うには、保健所や市役所といった施設にあらかじめ許可を取っておく必要があります。害虫の駆除などを担当している部署に連絡すれば、手続きを行うこができるようになっています。事前に必要事項などを書類に記入していき、許可を取ってから作業に移りましょう。ハクビシン駆除の方法には、このように様々な方法があるのです。

普段から対策をしよう

女性

ハクビシンは様々な被害をもたらす動物です。住宅などに侵入して巣を作りますので、ハクビシン駆除を行うには普段からの対策も必要になるのです。ホームセンターなどでは、専用のグッズなども販売されています。

Read More

捕獲する方法

作業者と女性

ハクビシンは放っておくと、様々な被害を及ぼすので早急に駆除を行うことが肝心なのです。ハクビシン駆除は業者に依頼することができます。主に捕獲器、忌避剤、フェンスなどといったものを使用して行います。

Read More

Copyright© 2016 ハクビシン駆除をするにはまず手順と生態を理解しようAll Rights Reserved.